HOME | 太陽光発電を利用して環境にやさしく

太陽光発電を利用して環境にやさしく

2016年6月26日 |

環境にやさしい太陽光発電

太陽光発電とはほぼ無限にある太陽のエネルギーを使って電気を生み出すものです。このやり方は太陽の光以外を使用しないので二酸化炭素などを排出することがなくとても環境にやさしい発電方法です。そのため公共施設の屋根などにおかれており、発電を行い二酸化炭素の削減に大きく貢献しています。そのため、太陽光パネルを設置する公共団体が増えてきています。そのため太陽光パネルの良いところと悪いとこを知っておきましょう。

太陽光発電のいいところ

太陽光発電のいいところはさっき説明したように、発電をする際に一切二酸化炭素を排出しないというところです。そのため地球温暖化を加速させることがありません。また発電に必要な太陽光はほぼ無尽蔵にあるものなので、化石燃料のように枯渇してしまうことを心配することはありません。また、発電した電気を電直会社に販売することで電気代を抑えることができます。また、公共の太陽光発電はあると環境に配慮している建物として建物のイメージアップにつながります。

太陽光発電の悪いところ

太陽光葉電には悪いところもあります。たとえば太陽の光を使って発電をするので、発電量が不安定でありあまり稼げなかったりすることです。また、太陽光パネルにはメンテナンスが必要になるのでメンテナンス料がたくさんかかってしまうことがあります。また設備費がとても高いためうまく売ることができないと損をしてしまいます。このように太陽光発電は万能ではなく損をしてしまうリスクも抱えているのです。しかし、補助金などを利用してしっかりと運用することができれば得をすることができます。

太陽光発電は、太陽の光を元に電力を作り出します。そのため、原子力発電や火力発電に比べ、有害物質や二酸化炭素をださない環境に優しい電力供給源です。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Current Student .All Rights Reserved.