HOME | こんな業者は要注意!外壁塗装で悪徳リフォーム業者を見分けるポイントとは!?

こんな業者は要注意!外壁塗装で悪徳リフォーム業者を見分けるポイントとは!?

2016年5月24日 |

大切なリフォームだから業者選びは慎重に!

外壁塗装は住宅の寿命やイメージに関わる大切なリフォーム工事です。しかし、素人から見て質の良し悪しが判じにくい種類の工事でもあり、業者選びには注意を払う必要があります。消費者センターにはリフォームの訪問セールスに関する相談が年間で6000以上寄せられているそうです。安くはないリフォーム費用を掛けるのですから、優良なリフォーム業者を選んで素敵な外壁塗装を行いたいものですね。ここでは、外壁塗装に置ける悪質業者の見分け方を紹介します。

見積もりは3社以上で!即決は絶対にしないで!!

見積もりの際によくあるケースが、営業による即決の強要です。「今すぐ決定すれば」や「今なら」と言って、数万円から数十万円の極端な値引き額を提示する業者はほぼ悪徳です。商談中に上司へ相談しますと言って電話をかけ始める業者も、客を即決させるためによく取る手段なので注意が必要です。何故今なら特別安い値段で工事出来るのか、根拠がありませんよね。リフォームの業者選びでは見積もりを少なくとも3社以上に依頼しましょう。外壁塗装は塗装だけでなく壁面の補修なども工事に含まれます。複数の業者に話を聞くことで、適切な施工を行える業者かの判断が付き易く、工賃の相場も把握出来ます。絶対に1社のみの見積もりで即決はしないで下さい。

謎の塗料を使用する業者は要注意!

外壁塗装をする際に業者に尋ねたいのが塗料の種類です。どのような塗料を扱っているのかを詳しく説明できない営業や、自社ブランドの塗料を勧める業者は要注意です。日本国内で流通している塗料は世界的に見ても良質な上、日々研究がされています。なぜリフォーム業者一社でそれ以上の良質な塗料を開発できるのでしょう。また、外壁塗装に使用される塗料の質は耐久年数がひとつの目安になりますが、橋梁や有名なタワーに使用されているフッ素系樹脂塗料でさえ耐久年数が15年程で長いと言われているのに、「20年もちます」などの異常な耐久年数を示すケースもあります。外壁塗装は10年前後で塗り直しを定期的に行うリフォームです。「20年や30年はもつ」と言うセリフに誤魔化されないで下さいね。

外壁塗装の相場が分からない時は外壁塗装110番で、低価格で手抜きがない地元の優良企業を複数社紹介してくれます。見積もりを比較すると相場が分かります。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Current Student .All Rights Reserved.